スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロクロネクロ/エッチな妄想で元気ハツラツ!なゾンビ奮闘記

シロクロネクロ (電撃文庫)シロクロネクロ (電撃文庫)
(2011/02/10)
多宇部 貞人

商品詳細を見る


ちょっと、いやかなり出遅れましたが今年の電撃文庫大賞受賞作のレビューでも。
というわけで一発目は<大賞受賞作>のシロクロネクロ。

まぁ「大賞」と言われるとどうしても期待値が上がってしまうわけで、
かなり厳しい目に採点してしまうのは例年のことなので、それを加味しつつ。

中身は割とよく目にする おにゃのこ×異能バトル モノ。 題材は屍霊術師とゾンビ。
不運なことに開始早々命を落としゾンビとして甦った主人公と、彼を甦らせたネクロマンサーなヒロインがドタバタラブコメをしつつ、時に悪い屍霊術師と熱いバトルを繰り広げるという王道モノでした。

主人公はえっちをすると成仏してしまうので、自分ですることもしてもらうことも出来ず生殺し状態。
ただ逆にその「えっちしたい」という身も蓋も無い思いが彼を現世に止めていることもあり、腕がもげた程度ならよからぬ妄想ひとつで完全回復という、ポパイもビックリのチートぶりが良いテンポを生み出していました。

ただ、どうしても作中通して散見される既視感が最後の最後まで拭い去れず、素直に楽しみきれなかったかなぁと。

何より、どう考えても今後の展開を考えると退場させちゃいけないだろうキャラを、
あっさり退場させてしまったのが個人的に残念でなりません。
流石にこのレベルの個性を持ったキャラクターを、一つの見せ場の為だけで使い潰すのはいかがなものかと。
今後どんどんキャラクターを投入していくから良いのかも知れませんが、やり過ぎると作品に愛着が沸かなくなってしまうのではないかなぁと思わなくもないですね。

自分が無駄に年食ったせいもあって楽しめない部分もあるのかもしれませんが、もうちょっと何か欲しいなぁと思ってしまう少し残念な作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。