スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimpで壁紙講座 第7回

さて前回のキャラクター部分作成までで、壁紙作成の中盤までは終わりました。

前回まで
あとは更に装飾をしていく段階になります。


6.装飾

パスで線を引く
新規で透明のレイヤーを追加。
そのレイヤーに『パス』で線を引きます。
前回のキャラのところでやったのと同様にshiftキーを押しながら、
キャラを右から囲む曲線と左から囲む曲線を二つ引きます。
ただ、このままだとゆきあつの顔に一文字の線が入ってしまったまま。

消しゴムで被り消去
なので、消しゴムを使って綺麗に消します。

末端細くする前
次に修正するのは末端側。このままでは、何となくアレです、アレ。
いかにも線引いてみました、みたいな感じしますよね。

末端をパスで選択
なので、こんな感じで末端を削り取るように、パスを使って範囲を囲っていきます。

末端を範囲選択
ザックリと囲ったところで 『パスを選択範囲に』 で範囲選択。

末端補正完了
で、こんな感じに末端を綺麗に細くしてみました。

あお花とあか花追加
花は前回の花吹雪のレイヤーで使用した花のシルエットを再使用。
画像ウィンドウの 『色(C)』 ⇒ 『着色(Z)』 を選択。
3つのバーを左右に弄って適当に色をつければOK。

ぐるりぼかし

花のレイヤーはさておき、もう一度パスを引いたレイヤーをアクティブ状態にする。
そしてそのレイヤーを、レイヤーウィンドウで『複製』。
複製したレイヤーを画像ウィンドウの
『フィルタ(R)』 ⇒ 『ぼかし(B)』 ⇒『ガウシアンぼかし(G)』を選択。
今回はぼかし半径をこんな感じで指定。

ぐるりぼかし直後
パッと見分かりづらいですが、一応ぼかした部分が白く淡く光るようにレイヤーに現れます。
このようにレイヤーを複製したものをガウシアンでぼかし重ねるようにする使い方は、
色々なところで使えますので、是非このやり方はマスターしておきましょう。

ぐるりぼかし複製⇒ディザ合成
で、ここでぼかしたレイヤーをレイヤーウィンドウから複製。
それをレイヤーモードでディザ合成にします。
この画像だと何やってるか全くわかんないですね。ちょっとこの部分だけ拡大しましょうか。

線だけ引いた状態
これが線を引いた直後。

線+ぼかし
これをレイヤー複製したものに、ガウシアンぼかしを加える。

線+ぼかし+ディザ
ガウシアンぼかしを加えたものを更にレイヤー複製。
それをレイヤーモード:ディザ合成で重ね合わせる。
すると、このようにその部分だけがノイジーになります。
何かを強調させたいときに、簡単にそこそこ綺麗にできるので、自分は結構多用してます。

ぐるり完成
とりあえず、こんな感じでひとまずここは完成。

花×2 スクリーン覆い焼き
で、次。
色付けした二つの花をレイヤーモードを 『スクリーン』 や 『覆い焼き』 に変更。

ぐるりと花完成
こちらもさっきのぐるり囲んだ線のように、レイヤーを複製したり、ぼかしたりしながら重ね合わせて完成。

というわけで次は最後・・・ロゴの作成についてになります。
スポンサーサイト

テーマ : 壁紙
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

別レイヤーの作業は楽でいい・・・
プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。