スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある飛空士への夜想曲/敵エースから見るエースの凄さ

とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
犬村 小六

商品詳細を見る


シリーズ1巻の『追憶』にて主人公・海猫の好敵手として登場した、敵国エースパイロット・千々石武夫の物語。

いやぁ熱い!これは熱すぎる!!

上下巻構成ということで当然ながらクライマックスのような部分はあまりありませんでしたが、
『追憶』でのあの名戦闘シーンを、しかも敵側からの視点でハイライトでもう一度見せてくれたことで、序盤から既にテンションはマックス。

二人の戦いが描かれない分、宿敵・千々石中尉の人柄、空戦での実力をまざまざと見せ付けられ、同時にそれとタメを張れる海猫の凄さが改めて分かる巻でもありました。

飛空士という難しい職、戦時の最中という時期的な問題に加え、千々石の性格的な問題もあり、ヒロインの美空とは初っ端からすれ違いをしてしまっていますが、千々石が彼女を思い遣っている様は出ていたので、こちらも落ち着くべきところに落ち着いて欲しいんだけど、、、難しいかなぁ。

『追憶』のレヴァーム皇国側からのお話だと、真電と共に戦場の空を駆る敵国・天ツ上がとんでもなく強大な感じで描かれていたように思いますが、逆のサイドから見てみると、その実綱渡りな面も多いんだなぁと舞台裏を見たようで、そういう意味でも楽しめました。

そして気になる下巻は9月。
映画の公開とダブらせての刊行なのでまず間違いなく守られるとは思いますが、そんなことに構わず一刻も早く続きを読みたいですね。

どーせもう原稿出来てるんだろ!勿体付けずに早く読まs
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。