スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimpで壁紙講座 第4回

ほいじゃま、基礎知識をサラッと流したところで、今回作ってみた壁紙を実例として作成講座をしてみましょー。

何?基礎知識なんて何時やったかって?

やってますがな、1年前に。
・・・すみません、勿論うそです。
初歩的な内容だったので、投稿時間を弄って1年前の日付にしてました。

Gimpで壁紙講座 第1回
Gimpで壁紙講座 第2回
Gimpで壁紙講座 第3回

この1~3回に関しては、基礎知識+事前準備+壁紙作成の流れなどの解説になってます。
退屈で眠くなることは確実でしょうけど、これから壁紙を作ってみたい人はよければ見てみてください。


で。
まず今回のこの壁紙ですが

超平和バスターズ完成稿サムネ

ザックリとした構造はこんな風になってます。

あの花壁レイヤー構造

このように壁紙作成においては通常、複数の画像を組み合わせ、透明度を変えたりしながら重ね合わせて1枚の壁紙に仕上げます。
この仕組み、または重ね合わせる画像を差して『レイヤー』と呼びます。

では1枚1枚、作り方を説明していきたいと思います。


1.ベース(背景)

まずは『GNU Image Manipulation Program』のウィンドウの
『ファイル(F)』⇒『新しい画像(N)』で新しく作る画像の大きさを選択します。
キャンパスサイズの単位を『ミリメートル』から『ピクセル』に変更

画像ウィンドウ新規作成

最近はFull HDサイズの壁紙が流行ってますが、これは『1920×1080』
壁紙掲示板などでよく投稿されるサイズがそれより少し大きいWUXGA (Wide-UXGA)サイズで、これが『1920×1200』
自分のPCに合ったサイズで作るのがいいと思いますが、掲示板に投稿等もするのであればこの『1920×1200』で作るのが良いかもしれませんね。

ちなみに自分のノートPCはFHDですが、作るときは『1920×1200』で作ります。
大きい壁紙から小さい壁紙を作るのはリサイズだけで何とかなる場合が多く意外と簡単なので、とりあえず折角作るなら大きめに作るが吉かと思われます。

1

さて、キャンパスサイズを指定してベースの画像ウィンドウを作ったら、色付けをしましょう。
ツールボックスウィンドウの下、黒い四角と白い四角が重なっているようなマークがあると思います。

パレット

この上の色を『描画色』、下の色を『背景色』これらを合わせて『パレット』と呼びますが、
このどちらか一方をダブルクリックしてください。
するとカラフルなパレットが出てくると思います。

パレット大

ここで好きな色を指定して、下の方にある横向き三角ボタンを押すと、先程ダブルクリックした『描画色』または『背景色』の色が変化します。
では、その指定した色をドラッグ&ドロップでさっき作った画像ウィンドウの中に放り込んでください。
(ノ`∀´)ノ ⌒ .、●~

2

こんな感じでベース画像は出来上がりです。

2.ノイズ

では2枚目、ノイジーな画像レイヤーを作ります。
今回は1枚目のベース画像を複製し、それにノイズ処理を施します。

んじゃレイヤーの複製から。

3.jpg

はい、こんな感じで出来ましたかね?
出来たら『背景 コピー』という見た目が同じレイヤーが出来てるはずです。
出来てたら、今度は画像ウィンドウの『フィルタ(R)』⇒『ノイズ(N)』⇒『RGBノイズ』を選択。

04.jpg

こんなウィンドウが出てくるはずなので『RGB独立』というところのチェックマークを外し、
適当に下の3つのバーのどれかを掴み左右に動かします。適当なノイズの強さになったところでOK。

5.jpg

こんな感じでノイズ画像は出来上がりです。


3.周辺減光

今度は周りを暗くする画像レイヤーを作ります。
今度は前のレイヤーを複製するのではなく、新規にレイヤーを作成します。
新規作成はこんな感じで。

6.jpg

んで、こんなのが出てきたら 「透明」 が選択されていることを確認してOK。

7.jpg

したらばここをこうしましょ。(言葉で説明する気無し)

8.jpg

とまぁここまで出来たら、再び画像ウィンドウに着目。
画像ウィンドウ内でドラッグをすると、ドラッグをした部分がこんな風に楕円状に選択されます。

9.jpg

このときに気をつけることは、上下左右にある程度等間隔になるように幅をあけること。
選択をしたら、そのままの状態を保ちつつ、ウィンドウのメニューの『選択(S)』⇒『境界をぼかす』を選択。
どれぐらいぼかすかを聞かれるので、とりあえず今回は「500」ぐらいにしてOK。
その状態で再び『選択(S)』⇒『反転』を選択。
さらにその状態で『描画色』の黒を画像ウィンドウ上にドラッグ&ドロップ。

するとこんな感じになります。

10.jpg

『選択(S)』⇒『解除』で選択領域を解除。

という感じで3枚目、周辺減光のレイヤーも完成。ただ、このままでは何か…何かが違う。

そうです。レイヤーの『モード』や『不透明度』が変なのです。
なので最後にそこを編集してみましょう。

レイヤーウィンドウで、まず編集したいレイヤーをクリックし、下の図の赤丸部分を試しに変えてみてください。

11.jpg

どう変わるのか、ぶっちゃけ説明するのが面倒なのでそこは自分で確認してくださいなー。
まぁ一目見て分かるぐらいに一気に変わるので何となく分かってもらえると思います。

で、今回は


周辺減光のレイヤーを『モード:オーバーレイ』 『不透明度:100.0』 
ノイズのレイヤーを『モード:ハードライト』 『不透明度:50.0』

でやってみました。するとこんな感じ。

12.jpg

とりあえず今回はここまで。
次回はメインのキャラクターの素材化⇒レイヤー化までのお話をします。


豆知識のコーナー

レイヤーウィンドウでレイヤーが小さく表示されている横に名前が表示されていると思いますが、そこをダブルクリックするとレイヤーの名前を変更することが出来ます。
これからどんどんレイヤーが増えてくるので、区別がしやすいように出来れば名前を任意で適当なものに変えたほうが分かりやすくなりますよ。



13.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

周辺減光とても参考になりました!

キャラクター切抜きとかの解説もありますかね?

No title

手馴れていますねぇw
流石ですなb

No title

>キャラ切抜き
やるよー。最後までちゃんと解説してみせまっさぁ!
参考になったなら幸いです。

>じむつーさん
どもどもども。まぁ講座自体は散々あっちでやったからねぇw
馴れてて当然ですw
プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。