スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimpで壁紙講座 第1回

というわけで壁紙講座の始まり始まり。

といっても、ソフトも使い方も分からずにいきなり実践も何も無いので、
基本的なところから入っていきたいと思います。

ではまず最低限必要なモノと知識を紹介します。
まぁ何は無くともソフトが無ければ始まりませんよね。

というわけでソフトのインストールはこちらから。

GIMP2を使おう
インストールはこちらのページのダウンロードというところからOSにあわせて拾ってきてください。

座学① ホットキー

ホットキーというのは、保存やコピーなどの基本操作してくれるキーボードのキー(またはキーの組み合わせ)のことを言います。
以下のホットキーはGimpだけでなく殆どのソフトで使える便利なホットキーです。
是非これを機会に覚えましょう。

Ctrl + A …全て選択
Ctrl + Z …一つ前(の作業)に戻る
Ctrl + X …切り取り
Ctrl + C …コピー
Ctrl + V …貼り付け
Ctrl + S …上書き保存
Ctrl + Y …(Ctrl + Zで戻った作業)の一つ次に進む


一度に覚えるのは難しいかもしれませんが、
とりあえず【Ctrl + Z or X or C or V】だけはキーボードの配置通りで割と簡単に覚えられると思います。
特にこの四つを重点的に使いますし。

自分の場合、基本的に操作が殆どマウスなので右手がマウス、空いた左手はホットキーに添えています。
小指でCtrl、薬指がShift(機能によっては使うこともあります)、中指と人差しでZ,X,C,Vキーをいつでも押せるように…ってな感じ。

ぶっちゃけコレを使うか使わないかで作業効率が段違いに変化してきます。
これからある程度真剣に始めたいと思っている人は覚えおいて損は無いと思います。


座学② ファイルの形式と違い


ファイル名の最後についていたりする<.jpg><.png><.bmp>等のことを拡張子と呼びますが、これがファイル形式の違いを表しています。

以下は、そのファイル形式の特徴を纏めたものです。
覚える必要はありませんが、知っていればいざ作った画像を保存する再に便利ではあります。
とりあえず、『ふーん』程度の扱いでもいいので目を通しておきましょう。


.jpg(.jpegや.JPGも同じ)<ジェーペグ>
おそらくは最も一般的な画像圧縮形式。
デジカメなどで撮影された画像などはほぼこの形式で保存されています。
容量の小ささのわりに綺麗な画質を保てるのがいいところ。
その反面、特定の色(赤や黒)などの圧縮に弱く、その部分はどうしても色があせたり、ボケたりしてしまうのが難点。

.bmp(.BMPも同じ)<ビットマップ>
いわゆる『無圧縮』の状態で保存する画像形式。
圧縮をしないので画質の劣化はしないかわりにとてつもなく容量が大きくなるのが難点。
かなり綺麗な(低圧縮な)jpg画像の5~6倍のファイルサイズになります。
画質を劣化させたくない、素材化された画像を保存する際におススメ。

.png(.PNG)<ピング/ピーエヌジー>
透過情報を持ち、フルカラー保存も出来る、最も一般的な画像形式。
圧縮はするが、bmp並みの高画質なので容量も結構大きくなる。
上に書いたとおり、透過情報を持てるというのが最大の特徴で、画像加工の際、不要な部分を消す等をして透明(半透明)にした状態を保存できるので、レイヤー加工等をするときに無茶苦茶重宝。

.gif(.GIF)<ジフ/ギフ>
アイコンなどの作成に向いている、インデックスカラーのみ対応の画像形式。
インデックスカラーというのは一般的な写真画像などに使われているフルカラー(1600万色以上)から最大256色を任意で選び出した色素数のこと。
複数の画像を連続で描写し、アニメーションのように動かすことの出来る『gifアニメ』タイプで保存することも出来る。
また、色素数は少ないながらも透過情報を持つことが出来る。
(半透明は不可能。完璧な無色透明のみ。)

.psd(.PSD)<そのまんま>
レイヤー形式、レイヤー画像の順序、位置、透過度などを丸々そのままの状態で保存できる、いわゆる一時保存ファイル。
作業を中断するときなどに保存しておくと次開くときに便利。
元々はAdobe社のPhotoshop専用のファイルとして生まれたが、Gimpでは読み込むことが出来る。
ただ、残念なことにこの形式で保存すると文字情報が消失するため、入力したロゴが画像データになってしまい、再編集などが難しくなる。
photoshopユーザーに途中データを渡すときとかに便利かも。

.xcf<そのまんま>
Gimp専用の一時保存ファイル。
photoshopなどでの互換性は無いが、文字データなども情報を保持したまま保存できる。
Gimpでしか編集しないのであれば、無理にpsdデータでなくこちらで保存した方いいと思います。


というわけで、長くなってしまいましたが座学はお終~い。
次回はとりあえずソフトの基本操作をご紹介。
分かる人は読み飛ばしてもおkです。


この壁紙講座はかつてyahooブログをやっていたときに載せていたものを、一部再編集しなおして載せているものです。
書いたのが5年前なので、色々アレな所もあるかもしれませんが生暖かい目でスルーしていただけると幸いです。
・・・つーかホントに5年前なのか。時間が経つのは恐ろしいな、オイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

gimpで壁紙作りたかったんでこれはありがたいです。
参考にさせていただきます!
プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。