スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの驚愕/4年ぶりの新刊。別の意味でも驚愕です。

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流

商品詳細を見る


ハルヒシリーズには珍しい、続き物の前編という形で出た『分裂』が出て早4年。
待ちに待って待ちすぎて、待っていることすら忘れてた続編がついに出ました。

そういえば4年前はまだ学生してたなぁ、俺。
そう考えるとどんだけ待たされてたんだと今更ながらに苦笑い。「驚愕」ってそういう意味か。

『分裂』を読んだのはリアルタイムで追いかけてたので本当に4年前ですね。
そもそものその話自体、「 何か胡散臭い連中が出てきてそのまま終わった 」ぐらいにしか覚えておらず、寧ろそれすら良く覚えてた方だと思うレベルだったんですが、まぁ驚愕読んでて思い出しました。

で、『驚愕』ですが、これまで以上にSF要素が多いような。いやまぁ4年前基準だからそれすらあやふやですが。
…一々この前置き面倒だな、まぁそういう人間が読んだ感想だと思ってください。 

『分裂』時、キョンが受けたとある電話から始まり、α世界とβ世界に分かれた状態で交互に展開する『驚愕』の世界。
物凄く分かりやすくキーパーソンが中盤から出てくるんですが、
九曜をはじめとする例の胡散臭い3人組みの存在もあって、後半まで上手く誤魔化されてたなぁという感じでした。
ホントにそのまんまかよ。何でもありだなもう。

まぁハルヒに関してはこれまでと大きなところは何も変わらないので置いておくとして、やっぱりこの巻のメインは佐々木さん。
いやぁカッコ可愛いわ、この人。芝居がかった口調も良いですが、自分の周りの環境、自分の置かれた立場がこれだけ混沌としたモノであるにもかかわらず、毅然とした態度を終始一貫保ち続けられる、その精神力の強さにも惚れました。

物の喩えで 『僕は舞台に上がれそうもないね。良くも悪くも演技ができない。』 というセリフがありますが、
いやいやいやちょっと待てと。
誰よりも役者らしい振る舞いを魅せた貴女がそれを言うのかとw
カッコ良過ぎるわ!最後の最後まで。

佐々木さんに関しては完全にこれっきりな感じの終わり方ではありましたが、九曜さんの件はまだ完全に終わったわけではないので、今後も登場する可能性はあるのかな?
いや、是非今後も登場して欲しいですね。

4年待った甲斐があるかと言われると、ちょっと微妙な感じではありますが、
何だかんだ面白かったのもまた事実。当然続きが出れば買ってしまうでしょうね。

続き物の後編という形で出たものが更に前後編に分かれるという不思議でしたが、まぁそれはそれ。
『驚愕』自体が『分裂』したという角川流のジョークなんですかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新頻度高いにょよ!?

No title

そういうあなたもコメント頻度高いにょよ?
いつもアリガトン。

まぁ前半ほとんど更新してなかったからね。
たまたまネタがあったってのはあるけど、折角新しく作ったんでもうちょい真面目に更新したいところ。

とりあえずの目標は3日に一度ぐらいの頻度を保てたらなぁ。
絶対に無理ですが。
プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。