スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero/星海社GJ!

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)
(2011/01/12)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る


Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)
(2011/02/10)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る


Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)
(2011/03/10)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る


言わずと知れた(?)傑作サウンドノベルゲームの外伝シリーズの新装文庫版。
単行本として出た同作が4巻構成だったのに対し、ページの関係か全6巻に分冊し再構成されています。
まぁ単行本版は全部持ってるので買う必要も無かったんですが、何となく収集癖で。
改めて読んでみて、やっぱり買って正解だったと思わせてくれる作品でした。

そしてこの本のレビューをするにあたって最初に言いたいこと。

星海社、よくぞ文庫化してくれた!

いやー単行本時代に常々思ってました。
何でこんなに面白い作品が一部のお店でしか買えないような販売形態なのかと。
こんなに面白い本は、もっと沢山の人が読んでしかるべきだと。

なのでこういう形で出てくれたのは非常に嬉しいです。
「正解者」の名は伊達ではないな!(寒

回収だって?ああいいさ、寧ろ望んで回収されてやるわ!!

というわけで以下ざっくり感想。

一つ一つの展開も結末も何度も読み返して知っているにもかかわらず、
登場する彼ら英霊達の一挙手一投足には目を奪われ、その言葉にはどうしようもなく心を打たれます。

人であって人でない、7組の英霊と魔術師たちが繰り広げる「戦争」の物語だけに、俄かには理解しがたい行動原理や機微が多々見受けられますが、それも含めて面白い。

今度の3巻が単行本で言うと丁度半分終わったところで、「前半戦終了」というのに相応しい盛り上がりを見せてくれました。
つーか簡単に言うとライダーがカッコ良すぎ。
そしてそんなバトルと同じぐらいにクライマックス部分を盛り上げてくれたのが、
セイバー、ライダー、アーチャーによる「聖杯問答」
各々が「王」と呼ばれた器であり、また同時に全く異なる性質の「王道」を歩んで来た3人。
そんな彼らが語る自らの王たる所以、生き様にはそれぞれに「正しい」統率者としてのカリスマ性が表れていました。
なので今後、その三者三様の「王道」が正面からぶつかり合うことが分かっているだけに、今回の「問答」は改めて強く印象に残りました。

さて次から後半戦。
ここからは立て続けに脱落者が現れるので、これまで以上に目が離せません!

ちなみに今公式のHPでは期間限定で1巻の内容が丸々公開されているそうです。太っ腹やわぁ。
というわけで、この機会に興味のある方は是非どうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

blacktomcat1927

Author:blacktomcat1927
ライトノベルと自転車が大好きな電器屋販売員。
Galaxy TabとiPad2で自炊した本を読んだりもしてます。




working!!-ugo2.gif

アニメ先行放送が終わって、後は10月の本放送を待つばかり。
またぽぷらが元気に動く姿が観れるのかー。うれしいなぁ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。